砂糖のおかき

今日は砂糖味のおかきのお話です。

お餅を搗く時に三温糖を入れて搗き、持ち箱の大きな塊にして固めます。
それを二日後にカンナで薄くスライスして、カットしたものを写真のように網に広げて日陰で干して乾かします。
二週間ほどするとかき餅が出来上がります。
それをオープンで焼くと砂糖味のおかきが出来上がります。

とっても手間暇の掛かるものなんですが、たまに乾燥具合が悪かったり、雨でカビたりして一臼全部を失敗したりするのでとても悲しい事にもなります。

でも、うまく乾燥して焼け具合も良いとそれはそれはほんのり甘くて香ばしいおかきが出来上がるのです。

皆さんもこれを読んで何処かの和菓子屋さんで手作りのおかきを見つけたら、こんな作り方を想像しながら味わってみてください。