桜餅

桜餅は関西では道明寺で作ります。中は漉し餡で、どこの和菓子屋さんも同じく漉し餡だと思います。
春を告げる和菓子はこれが一番じゃないでしょうか。
関東では長命寺のクレープ状に巻いたのが一般的なようですが、このもち米を半潰しにしたものを道明寺と呼ぶんだそうです。
同じ名前の和菓子も所変われば、いろいろな形、材料が変化するので面白いですね。
桜の満開の季節に八重桜を近くで見て下さい、きっとこの桜餅を思い出しますよ(*^_^*)

最後に作る過程を載しておきますね!
着色したものを蒸して、砂糖を混ぜて、生地を冷ましたものです。